石の上にも三年は無意味【論破】

日常

こんにちは、よしき(@BULKCYCLEblog)です。

石の上にも三年って言葉聞いたことはありますか?
冷たい石の上にも3年座っていれば温かくなるという意味です。

現代の考え方では
つまらないこと、辛いことを
3年程こなすと上達する、慣れる、定常化するなどと置き換えられています。

本記事は

  • 石の上にも三年は無意味の理由
  • 時間をかけずに成長する方法

を解説しています。

石の上にも三年は無意味【成長マインド】

辛いことも3年は頑張ろう、続けよう。
会社に入ったら3年は続けてみよう。

これから社会人になろうとしている方
社会人になって間もない方。

よくこんな言い方をされていることを耳にしたことがあると思います。

結論

そんなものは無意味です。

3年間時間をかけると物事が上達することは考えられますが辛いことを3年間耐える必要なんてありません。

就職したばかりでもやめたかったらやめればいいんです。
そんな言葉を信じて3年続けても時間という財産を捨てて終わりです。
身のある時間を過ごした方が断然いいです。

上を見れば未来がわかる

東証一部上場企業で働いていますが、正直結局はサラリーマンだなという感じです。

自分が3年働かなくても3年上の上司を見れば未来がわかる
結婚して、子供ができて、家を買う。
なかなか幸せな暮らしに思いますが、実際はカツカツ。
小遣い1万円みたいな。
結局3つ上の上司がこういう生活をしているのなら、何もしなければこの道を辿ることに過ぎないということです。
自分が3年働くよりも3年上の上司を見ましょう。
将来が明るいのか暗いのかは明白です。
大手なら尚更その道はきまっていると思います。古臭い年功序列だから。
歩合がつくならまだ頑張りで報われるかもしれません。

3年続けると何が変わるか

実際に3年続けるとどうなるか?
嫌なこと、辛いことを頑張って3年続けようという受け身の姿勢での3年間だとこんな感じです。

  • スキルが身に付く
  • 時間消費される
  • 洗脳されていく
  • 怠惰になる
  • 引けなくなる

スキルは間違いなく身に付きます。
どんなことも時間をかければ少なからず上達はできます。
ある一定まで行ったらそこから改善をしていかないと進歩はありませんが。

例えば、やりたくない仕事を頑張って3年間続けた。
そしたら最初と比べて仕事は出来るようになるはずです。
ですがそれ以外って何かメリットありましたか?ということです。
つまりあなたは3年間という財産を浪費してやりたくない仕事を上達させているのです。
その仕事がスキル向上のためだったらいいんですが、それは受け身とは言わないはず。

やりたくないことをやり続けるとりたくないことが上手くなる。

つまりは、無意味。そこからは何も生まれません。

寧ろマイナスな要因ばかりです。
特に3年も続けたら引くに引けに状況に陥ります。
『こんなに続けたんだからいっそもっとやろう』

人間って損を恐れる生き物なので、ここでやめたら今まで積み上げてきたものがなくなる。
ここで石から立ったら石が冷たくなってしまう。ということです。

でもその石って本当に温める必要があったのか?
温める石はその石でなければならないのか?
ということです。

やりたくない仕事なら他にやりたい仕事をするべきです。
3年も待つ必要はありません。

時間をかけずに成長する方法

3年という時間を費やしたら少なからず成長はすることができます。

鬼行動

成長とは

出来なかったことが出来るようになること

です。

出来なかったことが出来るようになるには、何をするか?それは行動です
アクションを起こすことが成長への近道という訳です。

コミュ障だった筆者が実際に起こしたアクションはこちら

アクションを起こすことが成長の近道

マインド

嫌な仕事=マイナス
マイナスなイメージを持っているとそれは目に見える形で現れます。
受け身の姿勢はやめましょう。
受動的ではなく能動的にシフト。
○○を学ぶんだ。○○をして成長する。というマインドで行動しましょう。

思考は現実化する

PDCAサイクルを回す

PDCAとは
P=Plan(計画)D=Do(実行)C=Check(確認)A=Action(改善)の4つの頭文字をとってPDCAとなります。

成長にはPDCAが不可欠

闇雲に行動をしていては正直きついです。
目標、期限を決めて現実的にしていきましょう。

やりたいこと、達成したい目標があるならゴールから逆算して計算をすることです。
例)年収1000万稼ぐ
月収83万ちょい→どうしたら月収を上げられるのか?
月収を上げる方法を調べる→実行する。

簡単に説明するとこんな感じです。

フリーランスエンジニアだと20代で年収1000万はざらにいます。

本気で鍛える180日間 未経験からプロになる【.pro】

PDCAの中で意外と忘れがちなのがA=改善です。
やったはいいけどやりっぱなしは好ましくないです。

改善がもろに成長に繋がると考えています。
改善のコツ

  1. どこがダメだったか
  2. 逆にどこが良かったか
  3. なぜよくできたのか?
  4. これを同じようにやるには?

どこがダメだったかを分析しますよね。
それはもちろんなのですが、なぜうまくできたのか?とかなぜ成功できたのか?もしっかりと分析する必要が改善にはあります。

一定の水準まで持っていくためにはコンスタントに望む結果を得なければなりません。

安定して成功できるような改善も必要です。

同じミスを繰り返していてはだめですが、同じ場所にとどまっているのも改善がない。と感じています。

まとめ

お金は資源です。限りがあります。ですが稼げば増やせます。
時間は資源です。限りがあります。絶対に増やせません。

お金で時間は買えます。買えるというか短縮できます。

長距離の車移動12時間かかるところが飛行機なら1時間といった風に11時間買うことができます。

限られた時間をどう使うかが人生の楽しいところ。

日常 自己啓発
この記事を書いた人
よしき

やり切ったと思える一日を送るために筋トレを始めて3年ほど。
人類に【筋トレ】を普及させることが使命。
フィットネスに関する記事、自己啓発系の記事を投稿しているブログです

よしきをフォローする
よしきをフォローする
BULK CYCLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました